遺言の種類について

遺言には、一般的なものとして、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがありますが、公正証書遺言自筆証書遺言がよく用いられています。

当事務所のはーとういる遺言サービスでは、自筆証書遺言のご指導をさせていただいております。

自筆証書遺言には、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては・・・

遺言する方が、遺言書の全文、日付、氏名を自筆で書き、押印すれば、遺言書ができあがります。

容易に遺言書が作れるというのが最大のメリットです。

ですから、費用をかけることなく、遺言書ができます。

(当事務所のサービスご利用の場合でも特別なケースでない限り概ね3万円以下でできあがります。)

また、自分で作れますので、家族などに秘密にすることができます。

デメリットとしては・・・

法律にのっとった形式が整っていないと遺言書が無効になってしまいます。

(当事務所のサービスをご利用いただけば、形式の不備で無効になる可能性は少なくなります。)

また、偽造変造紛失滅失のおそれがあります。

折角、遺言書を残したのに、見つけてもらえなかったなどということもよくあります。

遺言した方が亡くなった後、遺言書の保管者か、遺言書を見つけた相続人は、家庭裁判所の「検認」という手続きが必要となります。

(当事務所では、遺言書の保管サービスも行っております。)

遺言書の検認(裁判所のページへ)

公正証書遺言にも、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては・・・

公証人という、元裁判官などの法律の専門家が関与するので、遺言書が無効となることが少なくなります。

また、作成された遺言書の原本が公証役場に20年間保存され、紛失、滅失などのおそれも少なくなります。

公正証書遺言は、検認の手続きが不要です。

デメリットとしては・・・

公正証書遺言を作成するのに公証人などの費用がかかります。

公証人に提出する遺言の内容に関係のある方の戸籍謄本や住民票の写し、相続や遺贈する不動産の登記簿謄本などを集めなければいけなく面倒です。

作成する際に、一定の利害関係にない方2名を証人としなければいけないので、完全に秘密にはできません

書類取得や証人については、当事務所が関与することでカバーできますが、更に費用がかかりますので、「費用がかかること」が最大のデメリットです。

公正証書遺言の公証人手数料

遺言に関するご相談は、当事務所へお気軽にお電話ください。電話03-5811-7876

この記事を書いた人

荒牧 一彦
荒牧 一彦特定行政書士
特定行政書士、宅地建物取引士
地元、東京都荒川区で平成10年に開業。
最近は、NPO法人ライフサポート東京に入会し、成年後見にも取り組んでいます。
記帳会計、給料計算などの経理事務でお困りの際はお気軽にご相談ください。
★行政書士荒牧法務会計事務所
東京都荒川区荒川7-34-7-302 電話 03-5811-7876

フォローする